六星占術でみる運命のサイクルを参考にアドバイスをしてくれる電話占い師

占いにも色々ありますが、当たる当たらないは、過去にさかのぼると分かることがあります。誰でも何をしても上手くいかなかった年があると思います。私にももちろんありました。そして、調べてみると、細木数子さんの言う「大殺界」の年にあたりました。

細木数子さんは最近あまりテレビで見かけなくなりましたが、細木さんの六星占術の12年周期の運命図はなかなか当たると思います。細かいことは抜きにしても、12年に一度やって来る悪い年というのは確かにあると思います。他にも気を抜けない「小殺界」という年周りもあります。

電話占いをすべて信じるのはナンセンスかもしれませんが、六星占術でいう「小殺界」、「大殺界」には、重要なことを決めないようにするなど、トラブルを避けるひとつの方法として活用するにはとても良いと思います。また、六星占術では良い年周りももちろん存在します。

そんな年には思い切り自分のやりたいことをやり、重要な決断をする時はその時期にするなど、コントロールしてみるのもいいと思います。占いの中には、自分の性格を分析するものもあります。当たる、当たらないは別として、自分の悪いところ、直すべきところに気付くときがあります。

運命のサイクルを知ると同時に、こうした自分の性格を把握する電話占いも参考にすると心強いと思います。自分の今後の人生を良い方にコントロールする為にも、電話占いは有効に使えるのではないでしょうか。